福島知財活用プロジェクト「第1弾セミナー」

2019.10.15

福島知財活用プロジェクト、今年度1回目の事業が去る9月25日(水)、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで開かれました。「アイデア・技術をビジネスにつなげよう!」と題し、地元経営者らが知的財産を生かした新たなビジネス創出や経営基盤の安定などに向けたヒントを考えました。
第1部では福島ロボットテストフィールドの細田所長、特許庁ビジネスプロデューサーの増山氏らが講演をしました。増山氏は「知財を活用し、売れる商品を作ることが重要。それにより知財の価値を高めていく」と強調しました。
第2部のパネルディスカッションでは、ロボット関連企業の代表者ら3人が今後の知財活用のあり方などについて意見を交わしました。

News Release