郡山

セミナープログラム

14:00 主催者挨拶1
内堀 雅雄福島県知事

14:05 主催者挨拶2
品川 萬里郡山市長

14:00

主催者挨拶1  内堀 雅雄福島県知事

14:05

主催者挨拶2  品川 萬里郡山市長

講演

14:10「福島における知財活用の取組(仮題)」松永 明 特許庁 長官

講演

14:10

「福島における知財活用の取組(仮題)」

松永 明

特許庁 長官

パネルディスカッション

14:50「『はやぶさ2』成功の鍵とふくしまの力」
パネリスト
坂本 智彦
古河電池株式会社 技術開発本部開発統括部 LB事業推進部 部長
野地 英男
NECプラットフォームズ株式会社 生産本部SC戦略室生産革新部シニアエキスパート
兼)生産本部 東北生産統括部 製造技術部シニアエキスパート

佐伯 孝尚
JAXA 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 助教
モデレーター
平田 成
会津大学 宇宙情報科学研究センター 上級准教授

パネルディスカッション

14:50

「『はやぶさ2』成功の鍵とふくしまの力」

パネリスト

坂本 智彦


古河電池株式会社 技術開発本部開発統括部 LB事業推進部 部長

野地 英男


NECプラットフォームズ株式会社 生産本部SC戦略室生産革新部シニアエキスパート
兼)生産本部 東北生産統括部 製造技術部シニアエキスパート

佐伯 孝尚


JAXA 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 助教

モデレーター

平田 成


会津大学 宇宙情報科学研究センター 上級准教授

特別講演

16:15「リチウムイオン電池がつくる未来」
吉野 彰
2019年ノーベル化学賞受賞 旭化成株式会社 名誉フェロー
17:15閉会挨拶

特別講演

16:15

「リチウムイオン電池がつくる未来」

吉野 彰


2019年ノーベル化学賞受賞 旭化成株式会社 名誉フェロー

17:15

閉会挨拶

併催セミナー

東北経済産業局主催

13:00「知財とあわせて考える標準化戦略
~新市場創造型標準化制度を用いたJISづくり~」
酒井 俊之特許業務法人創成国際特許事務所 副所長

13:00

「知財とあわせて考える標準化戦略
~新市場創造型標準化制度を用いたJISづくり~」

酒井 俊之

特許業務法人創成国際特許事務所 副所長

登壇者プロフィール

吉野 彰
 旭化成株式会社 名誉フェロー、2019年ノーベル化学賞受賞

 1970年に京都大学工学部石油化学科を卒業し、同大工学研究科修士課程修了、2005年には大阪大学大学院工学研究科博士(工学)を取得。1972年に旭化成工業(現 旭化成)に入社。リチウムイオン二次電池の開発研究に注力し、2003年に旭化成グループフェロー、2005年に同社吉野研究室長、2017年から名誉フェロー。主な受賞歴として、2013年ロシアより「The Global Energy Prize」、2014年全米技術アカデミーより「The Charles Stark Draper Prize」、 2018年国際科学技術財団より「Japan Prize(日本国際賞)」、2019年は6月に欧州特許庁より「欧州発明家賞」、11月に「文化勲章」「文化功労者」、12月に「2019年ノーベル化学賞」を受賞した。

坂本 智彦
 古河電池株式会社 技術開発本部 開発統括部 LB事業推進部 部長

 武蔵工業大学卒業後に古河電池株式会社に入社。電源事業およびニッケル水素事業に携わった後に、リチウムイオン電池の製造会社、および、電源関連機器製造会社に入社し、情報機器用、産業機器用、および、医療機器用電池パックの開発・設計に従事。その後、古河電池株式会社に復職し現在に至る。

野地 英男
 NECプラットフォームズ株式会社
  生産本部 SC戦略室 生産革新部シニアエキスパート
  兼)生産本部 東北生産統括部 製造技術部シニアエキスパート

 衛星搭載用電源、地上系通信機器用電源及び通信装置の開発設計に30年間携わる。開発部部長として知的財産を含む開発力・技術力の向上に尽力する他、経営革新推進室長、製造技術部長を歴任し、開発と生産の連携活動も推進。現在はIoT、AIを工場に展開し、“工場のショールーム化”により福島の“ものづくり力”を国内・海外に発信中。

佐伯 孝尚
 JAXA 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 助教

 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。JAXA宇宙航空プロジェクト研究員,三菱重工業を経て09年から現職.専門は宇宙航行力学,宇宙システム工学.はやぶさ2では,開発フェーズでは衝突装置の開発責任者であり,現在はプロジェクトエンジニアとして探査システムの取りまとめを行う。

平田 成
 会津大学 宇宙情報科学研究センター 上級准教授

 筑波大学大学院修了後、宇宙開発事業団、宇宙科学研究所、神戸大学などを経て2006年より会津大学に勤務。はやぶさ、はやぶさ2を始め複数のJAXAの月惑星探査ミッションに参加、画像解析に基づく惑星地質学の研究や天体の形状・地形復元に携わる。また、探査データの可視化ソフトの開発も行っている。

松永 明
 特許庁 長官

 2019年7月に特許庁長官に就任。1986年通商産業省(現:経済産業省)に入省以来、地域経済産業の振興、中小企業政策、産業政策や経済協力などの政策に関わった。また、東日本大震災以降、2011年には福島第一原子力発電所の事故被災者支援を担当、2017年には福島復興推進グループ長を、現在も併任として内閣府原子力災害対策本部福島原子力事故処理調整総括官を担う等、福島復興にも従事。東京大学法学部卒、ハーバード・ロー・スクール留学。1995年から1998年まで在ミャンマー日本国大使館書記官。2002年から2004年まで長崎大学経済学部教授、2018年から2019年まで国立情報学研究所客員教授。

併催セミナー登壇者プロフィール

酒井 俊之
 特許業務法人創成国際特許事務所副所長・弁理士

 福島県伊達市出身。慶應義塾大学大学院基礎理工学専攻修士課程修了。2004年、弁理士登録。同年、創成国際特許事務所入所。2008年~福島事務所開設にあたり同事務所所長に就任。2016年11月創成国際特許事務所副所長に就任。2018年~仙台事務所開設にあたり同事務所所長に就任。
東北経済産業局「知財経営普及啓発・人材育成事業」にて知財人材育成検討タスクフォースの委員を歴任し、数多くの知財支援人材、知財企業人材の育成・産出にも貢献する。

会場のご案内

会場

郡山市立中央公民館

〒963-8876 福島県郡山市麓山1丁目8-4

駐車場

 駐車スペース32台(身障者用5台を含む)
 麓山地区公共施設駐車場利用300台(中央公民館専用ではありません)
 ※駐車場台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。