南相馬

見学会

福島ロボットテストフィールド施設見学会

12:30~13:009月1日完成 福島ロボットテストフィールド施設見学会開催
(希望者のみ)

福島ロボットテストフィールド施設見学会

12:30~13:00

9月1日完成

福島ロボットテストフィールド施設見学会開催
(希望者のみ)

セミナープログラム

13:30 主催者挨拶1
 米田 健三 特許庁総務部長

13:40 主催者挨拶2
 門馬 和夫 南相馬市長

13:30

主催者挨拶1  米田 健三 特許庁総務部長

13:40

主催者挨拶2  門馬 和夫南相馬市長

<1部>

13:40~14:20講演①「ロボットテストフィールドの紹介・福島のロボット産業について」細田 慶信福島ロボットテストフィールド副所長
講演②「特許庁施策紹介」遠山 嘉奈 特許庁総務部普及支援課
講演③「知財を用いたビジネス創生・展開」増山 達也特許庁事業ビジネスプロデューサー

14:20~14:35※※ 休憩 ※※

<1部>

13:40~14:20

講演①

「ロボットテストフィールドの紹介・福島のロボット産業について」

細田 慶信

福島ロボットテストフィールド副所長

講演②

「特許庁施策紹介」

遠山 嘉奈

特許庁総務部普及支援課

講演③

「知財を用いたビジネス創生・展開」

増山 達也

特許庁事業ビジネスプロデューサー

14:20~14:35

※※ 休憩 ※※

<2部>

14:35~16:00パネルディスカッション「ロボット産業が変える世界~知財の有効性~」
パネリスト
上荒磯 祥彦株式会社タジマモーターコーポレーション 会長特命担当 新事業開発室 室長
馬場 法孝アイザック 総務部担当課長
宇田 丞イームズロボティクス 東京支社主任コメンテーター
増山 達也特許庁事業ビジネスプロデューサー
モデレーター
赤穂 州一郎 特許庁総務部普及支援課 企画調査官

<2部>

14:35~16:00

パネルディスカッション

「ロボット産業が変える世界~知財の有効性~」

パネリスト

上荒磯 祥彦

株式会社タジマモーターコーポレーション 会長特命担当 新事業開発室 室長

馬場 法孝

アイザック 総務部担当課長

宇田 丞

イームズロボティクス 東京支社主任

コメンテーター

増山 達也

特許庁事業ビジネスプロデューサー

モデレーター

赤穂 州一郎

特許庁総務部普及支援課 企画調査官

※質疑応答を5分程度予定しております。
※プログラムにつきましては、急遽変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

登壇者プロフィール

細田 慶信氏 福島ロボットテストフィールド副所長
東京大学工学部航空学科卒 昭和59年富士重工業入社。スバル航空宇宙カンパニー航空機設計部、無人航空機設計担当部長、同システム設計部部長を経て、平成29年日本航空宇宙工業会技術部長。スバルでの無人航空機開発が長く、国内最初の無人航空機の工業会である(一社)日本産業用無人航空機工業会(JUAV)の立ち上げに尽力。この間に政官産学との調整や規制当局との折衝に従事し、無人航空機業界に広く人脈を持つ。

増山 達也氏 特許庁事業ビジネスプロデューサー
国内外金融機関、大手流通グループ、医療・介護、ガス、インターネットなど大手企業のプロジェクト責任者として豊富なビジネス経験と人脈を有する。全国にネットワークを有する上場企業グループにて代表取締役社長を歴任。地方創生を目的に 2016年1月からトーマツに所属して各種活動を開始。特許庁「地方創生のための事業プロデューサー派遣事業」のプロデューサーとしてNo.1の件数実績を残す。

上荒磯 祥彦氏 株式会社タジマモーターコーポレーション 会長特命担当 新事業開発室 室長
法政大学社会学部卒業後、凸版印刷株式会社入社。広告代理店に出向し、大手ビール会社、大手自動車会社のプロモーションマーケティングに従事。
多くの新商品のローンチを手がける。その後、タジマモーターコーポレーションに入社し、新規事業開発部門の責任者として知財管理の業務に携わる。
電気自動車をはじめ、次世代モビリティ事業の開発を担当。福島イノベーションコースト関連事業のプロジェクトリーダーを務める。
一般社団法人電気自動車協会の理事 事務局長代理も兼任している。

馬場 法孝氏 株式会社アイザック 総務部 担当課長(企画/営業)
2015年より株式会社アイザックにてサービスロボット開発の企画を担当。移乗・移動ロボットKeipu,災害対応クローラロボットSPIDERの商品化を行う。2016年に会津大学との連携協定を締結し、共同研究開発を開始し、WRS2018にて会津大学チーム優勝。複合産業であるロボット産業の市場形成を目指す。

宇田 丞氏 イームズロボティクス株式会社 東京支社 主任
2012年ドローン事業に進出。景観撮影の他、復興工事積算業務の空撮を実施、産業用ドローンビジネスに参入。ドローンの生産・販売・役務提供を開始。2015年「災害時における無人航空機による情報収集等に関する協定書」を福島市と締結。2018年4月、EAMS Robotics(株)へ社名変更し、現在に至る。

赤穂 州一郎氏 特許庁総務部普及支援課企画調査官
2001年特許庁入庁。審査官・審判官(特許)として、情報通信・遊技機の審査・審判に従事。その間、情報システム部門にてシステム企画開発業務、発明推進協会(出向)にて、大学・中小企業の知財活用支援業務等に従事。2019年7月から、現職にて、中小企業・地域知財支援を担当。

遠山 嘉奈 特許庁総務部普及支援課支援企画班支援企画第一係長
2000年特許庁入庁。秘書課、国際課、経済産業省北東アジア課を経験。2011年からは、審判書記官として審判手続きの方式審査に従事。2018年4月より現職。

会場のご案内

会場

福島ロボットテストフィールド

〒975-0036 南相馬市原町区萓浜字新赤沼83番 南相馬市復興工業団地内
駐車場あり